美味しいだけじゃない!もち麦のすごい健康効果とは?

近年、テレビや雑誌でも取り上げられることが多く、健康効果が注目されている「もち麦」にどのような効果があるか知っていますか?
もち麦は、美味しいだけでなく、継続して摂取することで体質改善にもつながります。
今回は、もち麦の健康効果について詳しく紹介していきます。

もち麦とは

お米にうるち米ともち米があるように、大麦にもうるち米ともち米があります。
もち麦はその名の通りもち性の大麦のことで、もちもち・プチプチとした食感が特徴的です。
水溶性の食物繊維を多く含んでおり、白米に混ぜて炊くだけでなく、サラダやスープに入れるなど様々な楽しみ方をすることができます。

もち麦の健康効果は?

もち麦は美味しいだけでなく、身体に嬉しい様々な健康効果を持っています。
それぞれ見ていきましょう。

①食物繊維が豊富

日本人に不足しがちな食物繊維。
もち麦には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれています。
不要性食物繊維は便のカサを増して、腸ぜん動運動を活発にする効果があり、水溶性食物繊維は腸内環境を整え腸の動きをよくする効果があります。
水溶性食物繊維を多く含んでいる食材は貴重で、食物繊維を多く含むごぼうよりも、もち麦は多くの食物繊維を含んでいます。

②ダイエットにも役立つβ-グルカン

美容と健康に役立つのがβ-グルカンです。
β-グルカンは、血糖値の上昇を防ぎ食べたものをゆっくりと消化させる働きがあり、糖尿病予防に役立ちます。
腸内での脂肪の吸収を抑える働きもあり、脂質異常症や動脈硬化の予防、血中コレステロールも低減します。
また、満腹感が持続しやすく、白米よりも低カロリーなので、食べすぎを防ぐことができエネルギー摂取量の減少や間食の予防にもつながり、ダイエットにも効果的です。

まとめ

もち麦の健康効果についてみてきましたが、いかがでしょうか。
もち麦の健康効果については以下の通りです。

  • 食物繊維による便秘の解消
  • 食後血糖の上昇を抑え糖尿病を予防
  • 血中コレステロールの低減・正常化
  • 心臓病のリスク低減
  • メタボリックシンドロームの予防
  • 満腹感による食べすぎ防止・ダイエット

もち麦を食べて、身体の中から健康的になりましょう!